(人員不足の今)パイロットになるには|航空大合格の予備校

パイロット不足の今、最短・最速でパイロットになるために

 

■パイロットになるには、「24歳以下」・「身長158センチ以上」の条件を満たす必要がありますが、これは男女共通なので、女性パイロットの道も開かれています。

 

■パイロットになるには「学科」と「実地」の国家試験に合格しなければならず、特に、「実地」の試験を受けるには、決められた時間の飛行経歴が必要になるので、飛行経験を積める航空大学に通う必要があります

 

■このページでご紹介している「パイロット予備校(正式名)」は、航空大学合格者を多数輩出している名門予備校です。

 

■学習は通信教育です。

 

航空大受験は特殊な受験なので、専門予備校が必須です

 

■パイロットになるための国家試験は年間を通して実施されているので、パイロット予備校の入学受付もそれに合わせて年4回あり、年間を通していつでも勉強を開始できます

 

■ご存知のように、これからはパイロットが大量に必要とされる時期が続きますので、あなたの大空への夢が叶う確率は高まっています

 

■航空大学生の50パーセントがパイロット予備校生という圧倒的現状を考えると、逆に、迷う必要がなくていいですね。

航空大合格者の喜びの声が続々と届いています!

 

 

(Tさん)

 

はっきり言います!
何度も言います!
パイロット予備校なくして私の航大合格はありえませんでした!

 

私はいまだに、これから航大でパイロットの訓練を始めるなんて想像ができないくらい嬉しいです。
これからのパイロットの道へと歩むことができるのは予備校のおかげです。

 

本当にありがとうございました!

 

(Sさん)

 

航空大学校のことはもちろん、パイロットとしての知識が豊富なので、操縦から身体検査まで、幅広くフォローして頂けます。

 

また、民間旅客会社の現役パイロットとお会いする機会もあり、受験で疲れていても、モチベーションがぐっと上がります。

 

(Sさん)

 

おすすめのポイントは情報の量と正確さです。
しかし、それだけではなく、代表のセミナーでの伝え方がすごくモチベーションを上げてくれます。

 

頑張り方を教えていただけます。

 

(Iさん)

 

1次試験対策をネットで出来るので、日中仕事のある自分にとって適していました。

 

実際入ってみるとこれだけでなく様々な場面でサポートを受けられました。

 

文系の自分が1か月前からの猛スタートで合格できました。

 

(Mさん)

 

本当に納得のいく面接カードを書く事ができ、セミナーも少人数制で、個人個人の操縦の癖を見つけることができ、自分の課題を発見できた有意義な時間になりました。

 

パイロット予備校は『本気度』が違います!

 

(Hさん)

 

パイ予備で出会った仲間同士の繋がりは非常に強いです。
それは、代表がセミナー以外でもそのような機会を提供して下さるからであり、これは航空大学校での同期の繋がりの重要性を理解している代表だからこそできることだと思います。

 

(Tさん)

 

パイロット予備校を選んだ理由は、航大に入った大学時代の同期が「パイロット予備校で試験対策をしてごらん」と勧めてくれたことがきっかけでした。

 

この予備校のオススメポイントは、講師の先生方の熱意だと思います。

パイロット予備校〜FAQ「よくあるご質問」〜

 

<Q>パイロット予備校の入学資格ってなんですか?
はい。入学申し込みをするには2つの条件をクリアして頂く必要があります。
1つ目は、「身長が158cm以上」あることです。
「158cm以上」は158cmも大丈夫です。
157cmの方はお申込み頂けません。
これは、航空身体検査を考慮しています。
2つ目は、「24才以下」であることです。
ただ、受験される年の6月までに明らかに適合でない人に、ムダな費用と時間を使って頂きたくありません。
他の人生の道をその分、強く歩んで頂きたいです。

 

<Q>女子学生なのですが、航空大学校に合格してパイロットになれますか?
はい。問題なくパイロットになれます。
航空大学校には女性専用の居住空間やトイレも設置されています
また、多くの女子学生が航空大学校を卒業して、エアラインで活躍をしています。
チャンスは平等です。
ただし、航空身体検査においても、男女の基準に差はありません
特に身長を確認してください。
158cm以上が必要となっています。
また、158cm未満の方は、パイロット予備校でも入学をお断りしております。

 

<Q>社会人なのですが、航空大学校を受験できますか?
はい。社会人でもあっても、年齢、学歴及び身体条件がかなっていれば、受験できます。
社会人の方は、勉強時間を確保するのが大変ですので、パイロット予備校を活用されることをオススメいたします

 

<Q>未成年ですが、入学申込みできますか?
未成年の方が入学を申込みされる場合は、親権者のご同意を得た場合のみ可能です。
そうでない場合、未成年の方にはお申し込み頂けませんので、ご了承ください。
なお、未成年の方が成人と偽って申込みされた場合は、民法により成人者と同様の扱いになります。
ご注意下さい。

 

<Q>航大受験はどんなものなのでしょうか?
はい。航大受験は特殊な受験です。
これまでの経験してきた筆記試験だけでなく、就職活動的な試験からパイロット独自の試験まで、おそらくあなたがこれまでに挑戦したことのない分野から成り立っています。
それぞれの試験対策に本当に必要な要素や時間はまちまちです。
また、コツさえ知っていればスムーズにパスできる項目もあります。
パイロット予備校では、各分野の専門家が集めた経験や情報を集約させて、テキストや授業、セミナーなどで、わかりやすく丁寧に説明しています

 


【PR】洋服も靴 20代・30代 在庫 ジェル アウトレット nanacoチャージ 照明 航空券比較・購入 Online Store 時効